蒼井波恵の人生イロイロブログ

お金のこと 子どものこと 介護のこと 離婚のこと 人生イロイロありますが・・・為せばなる 明日に向かって奮闘中!

母を自宅で看取ったこと

母を自宅で看取ったこと28

エピローグ 母を 自宅で看取ったことは 容易なことでは ありませんでした。 私ひとりでは とうてい無理だったと 思います。 幸いにも 我が家には 姉がいて、3人の孫もいて… 皆が それぞれに 母を思い、協力をしてくれました。 ケアマネジャーの 赤井さん 船…

母を自宅で看取ったこと27

別れ 長い 長い夜は すべてを闇で包みこみ 太陽は まだまだ 姿を現そうとは しません。 優しかった母は 般若のような形相になり 病と 最後の闘いを していました。 小俣先生に モルヒネは3時間あければ 使って よいと 言われていました。 あまりに辛そうな…

母を自宅で看取ったこと26

最期の言葉 夜になると 母の容態は 急激に悪化しました。 手首の脈を 見るだけで 正常に打っていないことが わかりました。 呼吸も 苦しそうだし、 ガンで蝕まれている 体中が 痛い様子でした。 今日の 携帯当番は 大岡さんでした。 「大岡さんに 電話しよう…

母を自宅で看取ったこと25

中治り 子どもたちも 大きくなると それぞれに予定があり 忙しくて みんなが一同に 集まるのは 久しぶりでした。 たぶん 私は 見るからに 疲れていたのでしょう。 かなりの ブサイク になっていたようです。 いや、普段から ちょいブサイクではあるのですが……

母を自宅で看取ったこと24

危篤 2018年5月10日 朝 毎日 定期的に行うバイタルを 測ると 血圧が低下して 脈が乱れはじめました。 そのうちに 血圧計や血中酸素を 測る機械では 測定不能と 表示されるように なりました。 私の問いかけにも 反応しなくなりました。 とうとう 恐れ…

母を自宅で看取ったこと23

尊厳死 母の足は かわいそうなくらいに むくんで パンパンに 膨れ上がっていました。 看護師の岡田さんに マッサージの仕方を教わって、揉んであげたりするのですが 押した場所が ペッコリへこんだまま なかなか 戻ってこないくらいに むくんでしまっていま…

母を自宅で看取ったこと22

今生の別れ 父は その日も 相変わらず お酒を飲んでいました。 そんな父を 横目に 私は「また 明日ね」と言って、自宅に帰りました。 翌日の早朝 電話が鳴りました。 姉からでした。 「パパが また吐血して、救急車で運ばれた。 意識もあったし、自分で階段…

母を自宅で看取ったこと21

死ぬのは怖くない…2 体調が悪かったのにも関わらず、父は 70歳まで 働いていました。 若い頃は 「俺は とっとと引退して、ゴルフ三昧の生活を 送るんだ」と 言っていたのですが、 蓋を開ければ… ギリギリまで働いていて 71歳に なることが出来ずに、亡く…

母を自宅で看取ったこと20

死ぬのは怖くない… 小俣先生から 末期ガンの告知を 受けた母は そのことについて 私に 全く何も語りませんでした。 ただ 一度だけ 「私は 死ぬのは 怖くないのよ」 と 突然 言っていたことがありました。 何と 返事をして いいのか わからず 「私は 死ぬのは…

母を自宅で看取ったこと19

思春期2 中学生の私は 家族みんなに やさしい気持ちが持てませんでした。 それは、母に対しても。 いつも反抗的な態度ばかり取り、 少し素行の悪い友達とばかり遊んでいた私を 母は とても心配していました。 そして口うるさくなりました。 たぶん娘が 何を…

母を自宅で看取ったこと18

バス旅行 母が亡くなる ちょうど1年くらい前の春 母から一枚のチラシを 渡されました。 「新聞屋さんに もらったの」 見ると、格安日帰りバス旅行のチラシ。 「たまには お姉ちゃんと 二人で行って来なさいよ。お金は 私が出すから」 お金出してくれるなら…

母を自宅で看取ったこと17

思春期 思春期と呼ばれる 中学生の頃 私は メチャメチャ反抗期を迎えました。 しっかり者の麻美姉は 学校でも評判の 優等生だったので、 3歳違いの私が 同じ中学校に入学すると いつも 先生たちに「あ、麻美さんの妹さんね」と 声をかけられました。 先生た…

母を自宅で看取ったこと16

告知2 その日は またしても 穏やかな 青空が 広がっていました。 母は 昔から 晴れ女 でした。 母と 旅行や遊びに行くときは 雨予報でも 必ずと言っていいほど 晴れるのです。 今でも 青空を見ると あ、母がいるな… と 思ってしまいます。 娘の 成人式が そ…

母を自宅で看取ったこと15

父のこと ウメばあちゃんが自由人だったので 父は 苦労人でした。 ウメばあちゃんは大正生まれでしたが、 その時代にはめずらしく バツイチでした。 ウメばあちゃんは 女でひとつで 3人の子どもを 育てたので きっと 生活も 大変だったことでしょう。 母が …

母を自宅で看取ったこと14

大事件 母にガンの告知をするにあたっては、 ガンの確定診断をした大学病院との連携をとって きちんと状態を確認してからでないと できないとのことで 小俣先生は、「少し時間をください」と仰りました。 母の 容態は相変わらずでしたが、 小俣先生に おまか…

母を自宅で看取ったこと13

告知 母の容体は悪化の一途でした。 昨日まで 出来ていたことが 今日できなくなっている。 あれ?あれ?と思っている間に ほとんどの時間を 眠っているか… 目を覚ますと どこか痛いのか? 気持ちが悪いのか? 苦しがるように なっていました。 初めは お粥の…

母を自宅で看取ったこと12

明日がある 父と母は 職場恋愛で結婚しました。 でも 父の大学と母の高校は 隣同士にあったので 3歳違いの2人は、きっと出逢う前から すれ違っていたかもしれません。 なーんて ロマンチックなことを 考えてしまうのは、私だけでしょうか? でも 出逢いっ…

母を自宅で看取ったこと11

会いたい人 「今は、まだお話もできるから お母さんが 会いたい人がいたら、 今のうちに 会わせてあげた方が いいかもしれない」 そんなドラマで聞いたことがあるようなセリフを 大林さんが言い残して帰られました。 母は、5人兄弟の2番めです。 1番上が…

母を自宅で看取ったこと10

決意… ピンポーン あ、来た来た! 母が 自宅に 戻ってからは 人の出入りが はげしく おちおち休んでいられません。 「こんにちは!訪問看護ステーションから参りました、看護師の 大林と岡田です」 いつも 元気な お二人です。 一人で来てくださることもある…

母を自宅で看取ったこと9

介護認定 ケアマネジャーの船越さんに 「介護認定はしましたか?」 一番最初に聞かれました。 もうだいぶ前にお願いしては いたのですが、 病院に認定員が来てくれるとの話だったのに ちっとも来る気配がないので、問い合せをしたところ 今は混雑しているか…

母を自宅で看取ったこと8の続き

前回までのブログ 元気だった母が 突然 脳梗塞で救急搬送されました。昨年の2月末のことでした。 迷った末 手術を受けることを決意した母は、回復にむけて リハビリに取り組みました。気持ちは前向きでしたが 食欲のない母のことが気がかりでなりませんでし…

母を自宅で看取ったこと 4の続き

いつも ブログを 読んで頂き 本当に ありがとうございます。 皆さまに いいねの★を いただくことで モチベーションが 維持できるので 皆さまのおかげで ブログを続けられています。 先日、ニュースを見ていたら LINE ノベルの 令和小説大賞 コンテスト が目…

母を自宅で看取ったこと8

前回までのブログ 元気だった母が 突然 脳梗塞で救急搬送されました。昨年の2月末のことでした。 迷った末 手術を受けることを決意した母は、回復にむけて リハビリに取り組みました。気持ちは前向きでしたが 食欲のない母のことが気がかりでなりませんでし…

母を自宅で看取ったこと7

前回までのブログ 元気だった母が 突然 脳梗塞で救急搬送されました。昨年の2月末のことでした。 迷った末 手術を受けることを決意した母は、回復にむけて リハビリに取り組みました。気持ちは前向きでしたが 食欲のない母のことが気がかりでなりませんでし…

母を自宅で看取ったこと6

前回までのブログ 元気だった母が 突然 脳梗塞で救急搬送されました。昨年の2月末のことでした。 迷った末 手術を受けることを決意した母は、回復にむけて リハビリに取り組みました。気持ちは前向きでしたが 食欲のない母のことが気がかりでなりませんでし…

母を自宅で看取ったこと5

前回までのブログ 元気だった母が 突然 脳梗塞で救急搬送されました。昨年の2月末のことでした。 迷った末 手術を受けることを決意した母は、回復にむけて リハビリに取り組みました。気持ちは前向きでしたが 食欲のない母のことが気がかりでなりませんでし…

母を自宅で看取ったこと4

前回までのブログ 元気だった母が 突然 脳梗塞で救急搬送されました。昨年の2月末のことでした。 迷った末 手術を受けることを決意した母は、回復にむけて リハビリに取り組みました。気持ちは前向きでしたが 食欲のない母のことが気がかりでなりませんでし…

母を自宅で看取ったこと3

前回までのブログ 元気だった母が 突然 脳梗塞で救急搬送されました。昨年の2月末のことでした。 迷った末 手術を受けることを決意した母は、回復にむけて リハビリに取り組みました。気持ちは前向きでしたが 食欲のない母のことが気がかりでなりませんでし…

母を自宅で看取ったこと2

入院生活のはじまり 前回までのブログ 元気だった母が 突然 脳梗塞で救急搬送されました。昨年の2月末のことでした。 脳梗塞をおこしたものの ふつうに話をしたり、食事をしたりしている母を見て ほっとしました。 お医者さんの説明では、後頭部から首につ…

母を自宅で看取ったこと

はじまりは脳梗塞 今日は3月11日 8年前 東日本大震災の起こった日。 たくさんの方が 犠牲になり、多くの方は まだまだ心の傷は癒えていないのではないでしょうか。心より哀悼の意を表します。 そんなみなさんに 比べたら 母は自宅で お布団の上で 最期の…