蒼井波恵の人生イロイロブログ

お金のこと 子どものこと 介護のこと 離婚のこと 人生イロイロありますが・・・為せばなる 明日に向かって奮闘中!

ビリ男の逆襲 大学合格への道のり2

進学塾って どうやって選びますか?

 

部活を引退したビリ男くんは、塾に通いたいと言ってきました。

波恵さんも 独学で勉強するのは到底無理と思い、塾に通わせなくては…と こっそり下調べはしていました。

 

姉のスト子さんの時は 自分で調べたり、聞いたりして 大手K塾のパンフレットを握りしめて、塾に通いたいと訴えてきました。

すぐさま説明会に参加。

その時に対応いただいた先生が ものすごく スマートで、すぐに入塾を決めました。(後に その先生が 凄い方だったことを知って納得)

 

スト子さんはT大附属高校。成績は中の上くらいでしたが、中学からストレートに大学まで行けるので、特段受験勉強なるものはしていませんでした。

でも、スト子さんは鼻息あらく 「難関大学 に行きたいっ 」と息巻いて、その塾の先生にも 「難関大学対策コース で勉強したい 」と訴えていました。

その先生は 英文をサラサラっと書いて、ここに入るのは何?

と2~3問の質問をしてきました。

全く答えられないスト子さんは 肩を落として、わかりません と半べそをかいてしまいました。

 

先生は 「とにかく基礎を作りあげることが一番大事。

基礎をガッチリする事が大学合格の近道だよ」と言って 基礎コースのこれとこれと…と赤ペンでマルをつけてコース選択してくれました。

 

スト子さんが「このコースも、あ、こっちも」と欲張ると

まずはここだけしっかり取り組んで。その後で増やしていっても遅くないよ。とアドバイスしてくれました。

そして最後に「大丈夫。きっと受かるよ」と言って、見送ってくれました。

 

ね、なんてスマートなアドバイス❤︎

 

スト子さんは そのあとストイックに勉強して、第一志望校には残念ながら合格できませんでしたが、その他の受験した大学は全て合格。

現在は 自分で納得できた大学に通っています。

 

初めて受けた3年生4月の模試の結果は 偏差値47しかなかったので

かなり 頑張ったと思います。

 

なので 校内順位最下位のビリ男くんだって きっとやってくれるはず。

やっぱり塾はK塾がいいよなぁ~~

と 勝手に波恵さんは思っていました。

 

ところがビリ男くんは 出木杉くんが通ってるY塾に行きたいと言ってきました。

あんまり聞いたことない塾だなー。

説明してくれた先生も K塾の先生に比べたら イマイチ。

 

でも波恵さんは思います。

親が自分の思うようにと 子どもに押し付けるよりも

子どもが自主性を持って 「こうしたい…」って訴えてきたことは

自分の思い通りにさせてあげた方が きっとよい結果につながるのです。

ダメだったとしても 自分で決めたことだから仕方ないって思えるんです。

人に押し付けられたことは 人のせいに出来ちゃうから。

 

こうして ビリ男くんはY塾に通い始めました。

 

関連ブログ

www.bluewave.work

www.bluewave.work

www.bluewave.work