蒼井波恵の人生イロイロブログ

お金のこと 子どものこと 介護のこと 離婚のこと 人生イロイロありますが・・・為せばなる 明日に向かって奮闘中!

医療保険の選び方

医療保険に入ろうと思ったとき

どんな保険にいくら掛ければいいのかな?と悩みますよね。

 

保険コンサルタント ファイナンシャルプランナーの肩書きを持つ(えっへん!そんなに自慢できるものでもないですが…汗)

私こと波恵さん流 医療保険の選び方についてのお話です。

 

医療保険のしくみ

医療保険は基本保障+特約で構成されています。

 

多くの保険会社が

①入院したら1日につき〇〇円

②手術を受けたら〇〇円×10〜40倍

基本保障としています。

 

+の特約

入院一時金

通院

女性疾病

がん一時金 がん治療

3大疾病一時金  

無事故お祝い金 などなど

 が あります。

 

特約をたくさん付ければ、安心ですが

もちろん その分 保険料は 高くなります。

 

一体 いくら掛ければいいの?

どの 特約付ければいいの?

と悩んでしまいますよね…

 

そこで ひとつの 目安になるものが…

高額療養費制度です

高額療養費制度というのが あるのはご存知ですか?

医療費が どんなに高額になったとしても

健康保険証の利用範囲内であれば (自由診療 や 先進医療は 適用外です)

上限が定められていて、その金額以上の 医療費が かかることはありません。

上限は 収入によって 違います。↓

70歳未満の場合の1か月の医療費の上限

 年収約1160万円以上

   ◆ 252,600円+(医療費–842,000円)×1%

 年収約770万円〜約1160万円

   ◆167,400円+(医療費–558,000円)×1%

 年収約370万円〜約770万円

   ◆ 80,100円+(医療費–267,000円)×1%

 年収約370万円以下

   ◆ 57,600円

大きな病気をして 医療費がたくさん かかってしまうときを想像してみてください。

おそらく一度は 入院しますよね?

なので 入院一時金特約を 付けておくのが おススメです。

入院一時金保障金額 を高額療養費の上限にしておくことで

医療費を 入院一時金で支払うことができます。

一般的には5万円〜10万円です。

 

入院中は…

医療費の他に、差額ベッド代 食事代  寝まきクリーニング代 等の雑費が かかるので、入院日額〇〇円の保障から まかなっていければ いいですよね。

こういった費用は、入院日数に比例して かかります。

都内の病院の個室に入りたいと思う方は、10000円でも 足りないですが…

まあ 5000円〜10000円 が標準的な金額です。

 

f:id:namie-aoi:20190401233038j:plain

現在は、入院日数が減少傾向にあるので 通院治療が増えています。

特にガンは、抗ガン剤や放射線治療が 長引きます。

そういった治療も 通院で行うことが 多いので

医療保険とは 別に ガン保険に入ったり、

医療保険に ガン一時金特約、ガン治療特約 等を つけること をおすすめします。

 

心配性の私は プラス就業不能(収入保障)保険に加入しています。

病気 ケガを 問わず 働けなくなった時に お給料のように受けとることができる保険です。

 

前にもブログで説明しましたが、保険はかけ捨てタイプと貯蓄タイプがあるので、

◆ご自身の予算に合わせて

◆そして 保険料控除を利用しながら、

バランスよく保有していただくのが おすすめです。

 

是非 こちらのブログも参考にしてください。

 

www.bluewave.work

www.bluewave.work

 最後まで 読んでいただき ありがとうございました。