蒼井波恵の人生イロイロブログ

お金のこと 子どものこと 介護のこと 離婚のこと 人生イロイロありますが・・・為せばなる 明日に向かって奮闘中!

母を自宅で看取ったこと9

介護認定

ケアマネジャーの船越さんに

「介護認定はしましたか?」

一番最初に聞かれました。

 

もうだいぶ前にお願いしては いたのですが、

病院に認定員が来てくれるとの話だったのに

ちっとも来る気配がないので、問い合せをしたところ

今は混雑しているから 2〜3ヶ月は かかります。

とのお返事をいただきました。

ずいぶんと のんびりしてるんだなぁ とは思いましたが、行政に とやかく言っても仕方ないのかな と思っていました。

 

すると 船越さん…

すぐに電話をかけ、声を荒げてクレーム いや 抗議をしてくださいました。

 

認定員さんは 2日後に やって来ました。

 

なんだ、行政も やればできるんじゃん…

早く 本気 出してくれればいいのに!

って言ったら 怒られますね。

 

認定員さんは

最初に 姉と私から 母の病気の経緯や 現在の様子を聞いて

最後に 母が目を覚ますと 直接 話しかけていました。

母は すでに 寝ている状態から、一人で起き上がることができなかったのですが

認定員さんに 声をかけられると、ベッドの柵に捕まり 一生懸命起き上がろうとしていました。

 「起きなくて大丈夫ですよ」と 母を制し、

認定員さんは お帰りになりました。

 

認定結果が 出るまで、1ヶ月くらい かかるとのこと。

 

介護認定は

要支援(1〜2) 要介護(1〜5) の7段階に分けられます。

要支援1が一番軽い状態で要介護5が一番重い状態です。

要支援〜要介護1くらいまでは 食事や排泄が ほぼ自分でも できる状態です。

要介護2〜3になると 身の回りの世話に介助が必要になり、排泄も一人ではできない状態に なります。

要介護4〜5は 排泄もできなくなり 全般的に理解の低下がみられるような状態です。

 

船越さんの 予想だと「 母は 要介護2〜3くらいかなぁ」 でした。

 

介護保険のサービス支給額も重いほど たくさん支給される 仕組みになっています。

要支援1 → 月 50,030円 限度

要支援2 → 月 104,730円 限度

要介護1 → 月 166,920円 限度

要介護2 → 月 196,160円 限度

要介護3 → 月 269,310円 限度

要介護4 → 月 308,060円 限度

要介護5 → 月 360,650円 限度

標準的な地域の金額で、市町村により金額は 変わる場合が あります。

 

この金額で どれくらいの支給が 受けられるのかしら?

って思いますよね。

 

例えば 要支援1〜2で 週1回の訪問看護サービスを受けた場合

月 11,680円

この金額が上限で 各市町村が 金額を設定します。

 

要介護1〜5で 

身体介護中心のサービスを30分以上 1時間未満 で受けた場合

1回 3,880円

 

訪問入浴介護を受けた場合

要支援だと 1回 8,340円

要介護だと 1回 12,340円

 

訪問看護ステーションからの訪問看護を受けた場合

20分以上30分未満 1回 4,630円

 

参考:(公財)生命保険文化センター 「介護保障ガイド」

 

どのサービスを どれくらい受けたらよいかのプランを考えてくれるのが、ケアマネジャーさんです。

 

限度額内で利用した金額の 1〜3割は 自己負担しなくては なりません。

ごくごく一般的な 年金収入の人であれば 1割です。

 

なので 要介護2の人がサービスを 限度額の 月196,160円 利用したら

自己負担1割ならば 19,616円を支払います。

 

支給限度額を超える分は全額自己負担になります。

 

老々介護が増えていますが、

こんな複雑なしくみで みんな わかるのかな?

とちょっと疑問に 思いました。

 

 母が亡くなって しばらくして 要介護3の認定書が ポストに届きました。

 

f:id:namie-aoi:20190428223717p:plain